入学に必要な要件

本校 社会福祉士(通信)科には、“短期課程”“一般課程”の2つの課程があります。
各課程それぞれ入学資格要件がありますので、以下をご確認ください。
詳細につきましては、募集要項をお取り寄せいただくか、本校までお問い合わせください。

短期課程(9ヵ月)入学資格要件

①~⑤のいずれかに該当される方は短期課程(9ヵ月)にご出願可能です。

  1. 福祉系4年生大学等(※1)

福祉系4年制大学等において基礎科目を全て修めて、卒業または3月卒業見込の者
  1. 福祉系3年生短期大学等(※1)
  2. 1年以上の実務経験

福祉系3年制短期大学等において基礎科目を全て修めて卒業し(ただし、夜間・通信課程を除く)、厚生労働省の指定する施設(※2)において1年以上相談援助業務に従事した者
  1. 福祉系短期大学等(※1)
  2. 2年以上の実務経験

福祉系短期大学等において基礎科目を全て修めて卒業し、厚生労働省の指定する施設(※2)において2年以上相談援助業務に従事した者
  1. 社会福祉主事養成機関の課程修了
  2. 2年以上の実務経験

厚生労働大臣の指定する社会福祉主事養成機関の課程を修了(※3)した後、厚生労働省の指定する施設(※2)において2年以上相談援助業務に従事した者
(ただし、社会福祉主事任用資格と講習会修了は該当しません。)
  1. 査察指導員
  2. (福祉事務所で指導監督を行う所員)・
  3. 児童福祉司
  4. 身体障害者福祉司
  5. 知的障害者福祉司
  6. 老人福祉指導主事
のいずれかであった期間が4年以上である者

※学歴から入学可能な課程をフローチャートで説明をしています。

  • ※1
    ①~③において、福祉系大学及び福祉系短期大学等とは1989(平成元)年卒業以降が対象となります。
    1988(昭和63)年3月以前の方は一般通信課程での受付となります。
  • ※2
    「厚生労働省の指定する施設」については施設の種別と職種の規定がありますので、該当するかどうかは必ず「実務経験について」をご確認ください。
  • ※3
    社会福祉主事養成機関とは、社会福祉法第19条第1項第2号に規定されている、厚生労働大臣の指定する社会福祉主事の養成機関をいいます。該当するかどうかは証明書発行先にご確認ください。
    なお、以下のものは該当しません。
    A:「社会福祉主事任用資格(3科目主事)」(大学等で厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を3科目以上修了して取得)
    B:「社会福祉主事資格認定講習会」(各都道府県の社会福祉協議会が実施)

一般課程(1年6ヵ月)入学資格要件

⑥~⑨のいずれかに該当される方は一般課程(1年6ヵ月)にご出願可能です。

  1. 4年制大学等(※4)

4年制大学等を卒業または3月卒業見込みの者(専攻は問いません)
  1. 3年制短期大学等(※4)
  2. 1年以上の実務経験

3年制短期大学等を卒業し(ただし夜間・通信課程を除く)、厚生労働省の指定する施設(※2)において1年以上相談援助業務に従事した者
  1. 2年制短期大学等(※4)
  2. 2年以上の実務経験

2年制短期大学等を卒業し、厚生労働省の指定する施設(※2)において2年以上相談援助業務に従事した者
  1. 4年以上の実務経験

厚生労働省の指定する施設(※2)において4年以上相談援助業務に従事した者

※学歴から入学可能な課程をフローチャートで説明をしています。

  • ※4
    4年制大学等、短期大学等には専門学校・各種学校(4年制・3年制・2年制)が含まれます。

基礎科目とは

短期課程入学資格要件①~③にてご出願される方は、大学等において以下の科目をすべて履修し、「基礎科目履修証明書」を提出する必要があります
ただし、卒業が1988(昭和63)年3月以前の方は適用されませんのでご注意ください。

基礎科目旧カリキュラム 基礎科目新カリキュラム